ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

交響曲 第9番 二短調 作品125「合唱」

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(シラーの歌「歓喜に寄す」による終結合唱)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1962年10月、11月 ベルリン、イエス・キリスト教会

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

解説(中略)・・・この曲の初演は、1824年の5月7日、ベートーヴェン自身の
指揮によって行われているが、この頃ほとんど聴覚を失っていた作曲者を補佐
するためにウムラウフという指揮者が実際の指揮を担当し、コンサートマスター
のシュパンツィヒもこれを補ったと伝えられている。この初演でアルトの独唱を
務めたカルリーネ・ウンガーは、その初演の成功の模様を次のように語っている。

「演奏が終わった瞬間、すべての人々の目には涙が光っていた。ベートーヴェン
は、その拍手に取り囲まれていたにもかかわらず、おそらく何も聴こえなかった
のであろう、聴衆に背を向けたまま、まだ指揮棒を振り続けていた。たまりかねて
私がベートーヴェンを熱狂する聴衆の方へと向けると、聴衆はこの大作曲家が
実はひとつの音すらも聴くことができなかったことに気つ``き、会場は同情と
称賛の嵐につつまれ、中には大声で泣き出す者も現れた。
そしてその歓呼の声は永遠に消え去ることがないように思えた。」    

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2011072714540001

KARAJAN Symphonie Nr.9

素敵だわ・・・(ここからは管理人の妄想も入ります・・・いつもでした、はは

ワタシがポチして忘れていたかごの中身が昨日届いたの!
指揮者が思いを込めるハズだわ、うう・・・(涙) この解説のべトベンさま
この初演がどれほど嬉しかったことでしょうね~

あのゲイリーが演じたべトベンさまの姿が浮かぶもの・・・ううう(涙)ホロホロ

3-1


 よかったら・・・おかけしましょうか?

うう・・・う?う?(目パチパチ)

素敵な曲なのでしょう?涙まで流してらっっしゃるし
僕にも共有させてくれませんか?

う?う?あ、あなたは?どなた?ここの方なの?

え?ええまあ・・・実は客なんですが、マスターと親しいので時々
留守を任されるんですよ、今は暇だし、さあCDをかけましょう!

━─━─━─━ BGM~第九鑑賞中 ━─━─━─━

僕も好きなんですよ、ベートーヴェン
偉大で、崇高で、神秘的・・・僕の親しい友人は俳優なんですが
これを目指しているんです 生涯の目標ですよ

まあ・・・お友達って素敵な方なのね~離れの先生みたい(本人ですがな)
(また、思い出したわ・・・あの先生が好きなのよ~ホロホロ

あ、何かいけなかったですね、大丈夫ですか
飲み物をお持ちしますね、冷たい方がいいかな・・・

あなたはここで誰かを待っているのね、彼女だわきっと
こんないい男を待たせる彼女ってどんな人かしら・・・

彼女?ははは、そう思いますか?
女性はやっぱり、待ち人=彼女と見るのかな・・・

違うの?(おりゃーッしめた!チャーーーーンス!)
・・・まてよ、まさかオンマとか・・・!?マザコン!?ひょえええ~~


皆さま暑さご用心で!おバカはこんな状態です・・・reo18


bv0803


好きなのよ~~先生ーーーッ!!!